手造りならではの味。

昔ながらの手作り昆布巻き










昆布巻きは縁起物



昆布巻、特ににしんの昆布巻きは、「よろこぶ」の語呂合わせで縁起物の昆布と「子孫繁栄」の思いを込めたにしんの組み合わせで、新年のお祝いにぴったりとされてきました。
また、昆布の食物繊維・ミネラル、にしんのEPA・DHA・カルシウムによって、栄養豊富な伝統食とされています。








こだわりの
伝統製法


山下水産の昆布巻きは昔から家庭で造り続けた昆布巻を再現しています。
北海道釧路産の昆布を使い“ニシン”・“紅鮭”・“寒ブリ”・“たらこ”と昆布巻きの具材・原料にこだわります。
佃煮同様、長く造り続けた昆布巻き用のタレを使用し、小さな釜でじっくり炊き、中身の具材の味を最大限に引き出します。










かんぴょう縛りは
職人芸


手作りの工程で特に難しいのが、具材を包んだ後に昆布をかんぴょうで縛る作業です。
炊くと昆布が膨れるために、縛り加減がきつ過ぎてもダメ。逆に緩すぎると、昆布から具材がはみ出してしまします。
「きつ過ぎず・ゆるすぎず」のかんぴょう縛りの力加減はベテランにしかできない技です。
山下の昆布巻きはそこまで神経を研ぎ澄まします。












1本入魂



小さい釜でコトコト炊くため、一回に80本しか製造できません。
それによって大量生産の昆布巻とは違う、きめ細かい味が1本1本に沁み渡っています。
柔らかすぎず、硬すぎず、程よい食感を残せるのは、この『釜』で作るからこそです。
どこを食べても均等に具が入り、均等に味がついているのも山下の昆布巻きの特徴です。まさに『1本入魂』、私たちの本気を是非ご賞味ください。








昆布巻製品ラインナップ



生たきほたて貝柱
お買上げ金額から15%OFFクーポン配布中
インスタグラム
食生活応援キャンペーン

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

Amazon Pay
贈答品 飯寿しの製造工程ページへ 生たき製法とは 大丸札幌 直営店情報 山下通信ページへ 試してレシピ

店舗一覧

寿都本社工場・直売店

〒048-0404
北海道寿都郡
寿都町字大磯町75番地
TEL.0136-62-2023
FAX.0120-86-8623 Googleマップ

岩内食品工場

〒045-0001
北海道岩内郡
岩内町字大浜73番地
TEL.0135-61-2097
FAX.0135-61-2096 Googleマップ

大丸札幌
地下1階食品フロア
ほっぺタウン内 直営店

〒060-0005
札幌市中央区北5条
西4丁目7番地
大丸札幌店地下食品売場
TEL.011-828-1217 Googleマップ

取り扱い店舗一覧

道の駅
みなとま~れ寿都

〒048-0404
北海道寿都郡
寿都町字大磯町29番地1
TEL.0136-62-2550 Googleマップ

駅なかマート
タルシェ

〒047-0032
北海道小樽市
稲穂2丁目22-15
JR小樽駅隣接
TEL.0134-31-1111 Googleマップ

QR

ページトップへ