寿都だより

山下の味って?どんな味?

皆さんは山下の味を一言で言うと、どんな感想をお持ちですか?
よく耳にするのは「優しい味」「懐かしい味」「温かい味」「おふくろの味」「変わらぬ味」
等々、色々なお言葉をいただきます。どれも職人にとっては嬉しいお言葉です。

なぜって?
それは山下の商品は手造りの物ばかりだから!

まず肝心なのは仕入れから!
その時期に最高な原料を自分の目で確かめてから新鮮なものを仕入れます。

 

 

 

 

 

でも、原料は生き物。
その時によって大きさや硬さ等、微妙な違いもあります。
それを職人さんは、まず魚を焼いてみて味や匂いを確かめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美味しい魚かを見極めるのは、焼いてみるのが一番!そして、五感をフル活用して、味付や火加減、
炊く時間を見極め、いつも変わらぬ味、食感、確かな味を守り続けているのです。

そして、工場へ行くと機械が少ないことにビックリ!

こんなことまで手作業なの!?と驚く事、多々あり!

例えば、代表的な「生たきしらす佃煮」を始めとする炊き物。
しらすの漁はライトを照らして魚をおびき寄せ網目の小さな網で一気にすくい上げます。

P5160037その際に、一緒に海の中の不要な生物等も入ってしまいます。
なので、炊き上がったしらすの中から、その不要な物を取り除くのも手作業!
あの無数の小さな魚達を目で見分けてるんですよ。安心・安全な商品を食卓にお届けする為に
職人さんの目は逃しません。

 

 

昆布巻だって昆布を1枚1枚手で巻いて小さな釜で丁寧に炊き上げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昆布の厚さを均一にし、煮上がりの食感も均一になるように、薄い昆布から厚い昆布へと
巻いていきます。煮込んでも昆布が溶けないように外側を厚くするのが一工夫!
素材によって炊く時間も火加減も違うので、常に職人さんが目を光らせているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
沢山の釜で炊きますが全て味はムラなく均一に、いつもどれも同じ味が絶対です。
一瞬も気が抜けない真剣勝負なのです。

パックや袋詰めも、もちろん手作業。
出来上がった素材を崩さないように優しく手作業で袋に詰めていきます。
と言っても、手だと素材に熱が伝わってしまい傷んでしまうので
素早い箸さばきで詰めていきます。

機械を使っての作業は本当に少ないんです。

手間ひま惜しまずに丹精込めて作った製品ばかりなので、お客様から頂く温かいお言葉は
日頃の疲れも吹き飛び厳しい職人さんの顔から、いつもの優しい顔に戻る至福のひと時なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ページの上へ